交通事故の再発防止報告書!一度起きた事故を次回から起こさせないために!

交通事故は一度きりしか起きないものではありません。同じような事故が同じ場所で起きることも少なくないです。そうなると、単純な不注意ではない可能性が高いです。そのような特徴のある交通事故では、再発防止策を講じることが重要になります。

ここでは交通事故の再発防止報告書のまとめとして、次回から事故を起こさせないための提案や方法などを解説していきます。

再発防止策はどうする?交通事故対策


再発防止をするには意識を変えることが大事

交通事故の再発防止報告書として始めに提案することは、事故現場周辺を運転するドライバーの意識を変えることです。交通事故が起きる要因のほとんどは不注意や操作ミスなどです。

それらの事故は注意喚起をいつも行うことでしか防げません。よそ見をしない、携帯を見ないなどは日頃の運転で心がける行動なので、ラジオからの呼び掛けなども有効でしょう。また、操作ミスを防ぐためには安全講習を定期的に受けてもらうことが大切です。

交通事故の経験者には安全運転できるかについて、定期的にチェックすることが再発防止につながります。しかし、ドライバーの意識はなかなか変わらないかもしれません。そうであったとしても訴え続けることが重要なのです。

ドライバーの意識改革を途中で止めてしまえば、それ以上に改善されることはないでしょう。そう考えて、続けることにこそ意味があるのです。効果が薄いように感じられる施策であっても、いつかは意識が変わる日がきます。

事故を起こした人を含めて、少しずつ変わるきっかけを作ることも大事なのです。

安全になるミラーなどの防止策

交通事故が再発する理由として、その場所に起きる要因があるからです。車が見えにくい、対向車を確認できないなどの要因です。このような要因に対しては効果的な対策を取る必要があります。例えば、ミラーをつける、草を刈るなどの対策です。

交通事故の再発防止にはこのような細かい対策が重要なのです。放置しても問題ないようなことですが、交通事故はこのような細かい問題が重なっておきます。特に事故が一度起きたのであれば、それは偶然だとは限りません。

同じように起きる可能性を考慮して有効な対策を取るためには、ドライバーとして何度か運転してみることが重要です。事故が起きた時間帯に、どのようにして事故が起きたのかを運転して検証します。その検証で分からなかった問題が見つかる可能性が高いです。

その時間だけ通学する学生が多くなり、車が渋滞するということなどは実際に検証してみなければなかなか気づきません。気づかないからこそ、何度も同じ事故が起きるのです。そうならないように、検証結果をもとに対策を講じましょう。

周辺住民への注意喚起

実は交通事故の再発防止には地域住民の協力は重要です。周辺住民が注意喚起をすることで、その道路を地域の人は注意して通ることになります。特に被害者になりやすい歩行者は事故が起きたことを知っていれば、いつもよりも注意をして通行することができます。

このようなことを周辺住民の協力によって実現できれば、交通事故の再発防止につながるでしょう。また、周辺住民が注意喚起をすることで、ポスターを作ったり、ビラを配ったりする行動が起きるかもしれません。

子供が多い地域ではこのような活動が、子供を守ることにも役立っています。

そのため自発的に注意喚起をする町内会は少なくないです。そのような町内会に協力をあおぎながら、住民を守るように注意をしてもらうことは有意義です。

ドライバーへの事故の周知と次善策の提案

事故が起きたことを知らないドライバーは少なくありません。

そのため、事故があったことをドライバーが分かるようにしておくと、その場所を注意して通るようになります。「関連リンク > 弁護士交通事故 > アディーレ法律事務所

ポスターや掲示板などを活用すると、その場所を通るドライバーに見てもらえるでしょう。また、対策を提案することも大事です。その道で事故が起きたときの様子を分析すると、何をすれば防げたかが分かります。その何かを実行します。

たとえば時間帯によって通行止めにすることや、一方通行にすることなども案としてあります。そのような場合は行政や地域の警察と話し合いながら、進めることが重要です。ドライバーが知らないうちは警察に協力してもらい、ドライバーへの説明をしてもらうといいでしょう。

最善なものではなくてもいいので、事故が起きないような策にすることが大事です。

事故が起きた原因の追求と改善

事故には原因が必ずあります。交通事故の場合は、場所を限定して原因を追求することが再発防止につながります。その場所で起きやすい原因があれば、その原因を取り除くようにすることが大事です。取り除く方法は原因によって違いますが、原因が分かれば取り除くのが難しい問題は少ないでしょう。

改善が難しいような場合は少しずつ改善するようにます。すべてを改善するのが難しい場合は、一ヶ所だけでも改善していくのです。一つでも手をつければ残りもすべて改善する方向に動くので、最初の一歩が大事になります。

ただし、問題として大きいので、改善することが難しいのであれば、何かできることを探りましょう。小さなことでいいので、できることだけでも始めるのです。できないことを嘆くよりは、少しでもできることを進める方が再発防止になるのです。

再発防止策の効果を検証する

再発防止策を施したら、効果を検証する必要があります。検証の方法としては、事故が起きていないかと、起きそうになっていないかを確認することが大事です。事故が起きていないかはすぐに確認することができるでしょう。

そこで起きていたら、改善する必要がある防止策だったということになります。また、起きそうになっていないかは、地域住民への聞き取り調査を実施します。通行者やドライバーなどへアンケートを取ってみると、事故が起きそうになっているかが分かります。

その結果として、効果があるとなれば引き続き防止策を続けてみます。しかし、効果がないと分かったら防止策を変更する必要があるでしょう。

検証したものを再度改善して設置する

効果がないと分かったものは、別の防止策を設置することが大事です。失敗したものをそのままにしておいても意味がありません。防止策として有効なものが見つかれば、すぐに変更します。防止策がなかなか見つからない場合でも、検討した結果の中から試してみましょう。

何もしないよりは試してみた方が、いい結果が出る可能性があります。そのような試行錯誤を繰り返すことが大事なのです。